Visumの申し込み手順

ドイツでコントラクトがもらえた場合の大まかなVISA申請方法

シアターの雇用契約の場合(フリーランスの場合かなり複雑です)

申請は例外を除いて働く予定の町で行います。

1、Rathausに住民票をもらいにいく
いわゆる住民票を届けるところ。
町のどこかにあります。だいたい中心地が多いかな。大きな町やとエリアごとにあります。
ドイツ国内に住所がないとvisa申請できません。
場所によっては家主との賃貸契約書が必要。
(ベルリンでは必要やったけどコーブルグでは必要なかった)
パスポート必須

2、AuslanderbehördeにVisaの申請にいく。
上記の住民登録書とコントラクトとパスポートを持っていきます。
ドイツ語必須なので(英語でしゃべると印象がかなり悪い)通訳を連れて行った方がいいです。

シアターでの仕事が始まる前にどの保険にはいるか聞かれます。(未契約の場合)
詳しくは保険いろいろ

ドイツは神より紙の力が強いです。
ディレクターからの推薦書や、用意できる限りの物をそろえましょう。
一回行って、足りなかったら出直すのもありです。
あと、人によって対応はかなり違います。
いい人にあたるとこを祈りましょう。

正式な契約書がそろっていればそれほど苦労せずにとれると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中